FC2ブログ

爆走ストルイピンカ

□ 覆面作家企画8  □

覆面作家企画8 Eブロック感想

E01 銀の御手のサジタリウス 
疑問は数々ある。彼はユニコーンを「狩った」というより、むしろ痛みを伴う契約を取り交わしたような。だって描写されているのは仕留めたシーンじゃなくて仕留め損ねたシーンだし。アルテミスに対しては、安楽に引導を渡した、ということになるのかな。ともかくプロメは、ちょっともっさりしていて可愛い。


E02 五月の庭、蕾の君は目を閉じたまま
ってタイトル、こうちゃん視点だよね。となればあるいはストーリー全体をも、その視点で今一度とらえ返す作業が必要なような気もする。で、こうちゃんって、どういう種類の官能小説を書くんだろう。何で筆名すら教えてくれないんだろう。


E03 機械細工師
こういう細工物ほんとに好き。なぜ現実には歴史の遺物になってしまったか、とここで問いたい。作品からは「適性と選択」というテーマも見て取れる。師が後添いをもらわなかったのはいいんだけど、彼女自身は結婚とかどうだったんだろう。

E04 飲み干す残滓 
すげえインパクトのあるタイトルだ。当事者ふたりがよければそれでいいようなものの、痩せても枯れても人類最古のタブー、このあと、どんな外圧ならびに内心の呵責が襲ってくるのか、それともこないのか、続編があるのなら読みたく思います。


E05 キズアト 
ディスですね。ディスってます。ツッコミどころもないではないが、自分の書きたいものを書く! 書いた! という充実感と爽快感が伝わってきます。延髄切りって、あの猪木や天竜が得意なヤツですよね。なんと激しい! って昭和プロレスオヤジなことを申しますが、延髄切りという技名をもたらしたのが猪木であることは記しておきます。


E06 幕張VIミゾレ
自分、主人公と境遇・趣味がそれほど共通するわけではないが、ラストは、なんかもう感情移入して、感無量になってしまいました。これはもはや「近未来版・紺屋高尾」と言っていい。あれも「手」がキーポイントを担う話でしたが。


E07 楽園の手
怪鳥、怖いな(今大会二回目)。人間のパーツの中で、手だけは優雅で繊細でどの動物にも似てなくて、万物の霊長たるにふさわしいって、野坂昭如が言ってたけど、この果物、見るだに艶めいていて、一度食べてみたいと思わせる。これって、かなりヤバイ感覚かも知れないが。


E08 それは手記にも似た
その場にある最低限の食材と調理器具で、どれだけ美味く栄養のあるものを作れるか、というサバイバル調理術な感じ。たまたま居合わせた作者さん、正体を明かせば名のあるシェフに違いない。手だけに「徒手空拳」という言葉も思い浮かんだが。


E09 夜の谷で
昼間は見えないけれど、夜、谷の底で耳を澄ませば、大いなる者の息遣いが感じ取れる。それは華々しい救世伝説の知られざる現在形。そしてこの一大サーガが静かに幕を閉じても、治癒者の旅はさらに続いていく。性別を超越した存在なんですね。


E10 富士ヴァーチャル 
変態性欲を抱くキャラって、別に笑われても断罪されてもいいんだけど、他人に迷惑かけない限り、作中では思いを遂げさせてあげてほしいと感じます。ところで「うりんこ」って猪の子ども? 「うりぼう」って言わない? この問題はアンケートとりたいな。


* 「覆面作家企画8 」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2018/07/06
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+