FC2ブログ

爆走ストルイピンカ

□ 覆面作家企画6  □

覆面作家企画6 Cブロック感想

C01 天翔る竜と天下無双のドラゴン娘!(仮)

時系列の配置が効果的。特に最後のそれはズルイぞ。今度自分も真似するとしよう。
日本人なら、今から百年たっても、夏は虫取り網に麦茶ですよ。そんなの常識ですよ。
「最後の一頭の竜」という立ち位置、サムアップ溶鉱炉のターミネーター2をちょっと思い出した。
好きなお話なんで、つい感想がハイになりました。


C02 桜都狂騒劇場

この方もネーミングセンスがあって文章がうまい。キャラ造形もお手の物という感じ。
BLの定義って正確には知らないが、少なくとも前奏曲は鳴っている。過去に東が傷だらけになって帰ってきたというくだり、さりげない書き方だけど、重大な転機だったんだろうな。
ちなみに、自分の採るBLジャンルの見分け方は次の通り。その作品世界において、ある男が別の男に対して性的感情を抱くにあたり、その結果として、旧来の社会常識・性愛観から逸脱してしまうことへの抵抗感や心理的障壁が皆無、ないしは著しく少ない。


C03 時よ止まれ、汝は美しい

リアリスト対ロマンチストの現実把握をめぐる対決。軍配はどっちにあがったんだろう。リドル。
「男は」「男が」って、すごく俯瞰した視点も印象的だが、これは字数制限と関係あるかも。時折ドキッとするほど生彩のあるセンテンスが顔を覗かせる。


C04 ほんとうの救世主

いわゆるパーティにおける「勇者」ってのは何なんでしょうね。職能? 役掌? それとも単なる形容? 土壇場で誰も言うことなんか聞かないくせに、後で責任だけは被せられる。
思う間に、ジャンルごとひっくり返され、聞こえるのは平和な子供の寝息。ウーム。


C05 ともしびの揺れる

認知症のひとの一人称の文体というのは、実験的というか前衛的たりうる試みだと思います。
自分の周りでも最近、成年後見をめぐる問題があって身につまされます。


C06 あの温もりを思い出せない

職務質問されそう。っていうか、この際されて下さい。
この子、もともと賢かったんじゃないんだ。先生に褒められたくて猛勉強したんだ。うん、分かる。
夜の公園の砂場にスコップとバケツの情景がいい。
ガソリンはどこから調達したのだろう。家の車のタンクあたりか。ではキーは?  開口レバーの位置は? ポンプは?
そういうディティールは大事だと思います。そのへんを詰めるうち、主人公にも書き手にも、破滅的行動への迷いが生じたりするから。そうなれば幸いというべきでしょう。


C08 深夜ドラマは30分ものに限る

この、ほとんど必然性の感じられないタイトルからして、人を食っていて面白い。
「ありのままのヅラ」! 「アナ雪」に絡め、スゴイ矛盾に満ちたフレーズ。
メガネの件でちゃんと推理謎解きもしているし、最後にジャンルのお約束を一刺し。笑いました。


C08 火刑に処す

語りが魅惑的。ネーミングセンス最高。「南雲どの南雲どの」って、心地よいアルトのルフランが読後も響く。
話自体もすごくいいんだけど、「その立場」から「そういうこと」になった女性を、即火あぶりの刑って、さすがに乱暴で、世界観にもそぐわないかも。そっと伏せておきたいことに、かえって世間の耳目も集めてしまうし。
とりあえず蔵にでも幽閉しておいて、そこがたまたま火事になって、何故か救助が後回しにされて間に合わなくて、そういう一連の顛末を、「あれは火刑でした」って南雲が総括する、というのでは弱いでしょうか。


C09 真夏のブーメラン

深海いわしさんのご感想にある「過去改変の期待」を自分も抱きました。そうはならなかったけど。
ただコータが幼い三人に与えた注意はきっと無駄にはなっていない。あっちとこっちで世界線が分岐しているというだけでしょう。
もしかしたらですね、その「過去改変の期待」を、コータ自身も一度頭に浮かべたかも知れない。そこ、もうちょっとハッキリ書かれたほうがいいと感じますが。
でもやっぱり自分はこの人生を、この世界を生きるしかないっていう潔さが描かれているようにも思えます。
火曜日、花火大会。


C10 あなたの健康を損なうおそれがあります

異能エージェントたちのひと仕事。軽快なお話にふさわしい、読みやすい文章。
「酔拳関係あったか分かんねーし」というところで吹き出しました。分かる。彼らの異能の技もさることながら、やっぱりいっぺんナマで拝んでみたいですよね。酔拳。


C11 この気持ちにつける名前をまだ知らない

夜になると起きてくるひと・エミールからすれば、人間の、少女の寿命なんかハムスターのようなもの。全身全霊で愛す価値がない、愛してもはじまらない、そのちっぽけな存在が、何でこうも愛しいのか。何この感情、っていうね。ティカほんとにすごく可愛い。
提灯。


C12 緋蓮

このお話、粗筋だけ聞いたなら、自分、言ってますよ。「カァ~、ペッ!パス!」って。絶対。でも読んでみるとこれがすごくイイんだ。
中央アジア・シルクロードの国の午後の物憂さ。しかしどこかで静かに燃えている種火。
この企画でなければ読めなかった。企画万歳。C12万歳。

* 「覆面作家企画6 」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2014/09/13
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+